HOME > TEZZOブログ

TEZZOブログ

TEZZO新製品・開発情報をお届けします

TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PSをリリース!

2018.05.24Category

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さま、こんにちは。TEZZO広報チームです。

TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PSをリリースしました!本日(5月24日の午前中)に加速騒音試験(後付消音器の性能等確認試験)に受かったばかりという注目の新製品です。

アバルト595コンペティツィオーネはレコードモンツァ製マフラーを標準装備していますが、この『レコモン』の迫力ある排気音はたしかに魅力的ではあるものの、オーナーの中には朝晩の始動時や街中での走行時に近所迷惑ではないかと感じてしまっている方が少なからずいるようです。

また、音質も少々ガラガラして、それが良いという方もいらっしゃいますが、それが好みではないという方もいらっしゃいます。

そのように感じ、マフラー交換を考えているアバルト595コンペティツィオーネ・ユーザーにオススメなのが、アイドリング時の排気音は控えめなTEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PSです。

アバルト595用マフラーの従来製品であるTEZZOスポーツマフラー for アバルト595は他社製品とは一味違う4本出しとして親しまれてきましたが、新製品をリリースするにあたり、どのようなマフラーにするべきかを考えたところ、4本出しでは従来製品と同じディテールになってしまうので新しいTEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595は大径(120φ)の2本出し仕様にしました。

DSCN6664

↑ before/純正マフラー

20171223_280577

↑ after/TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PS

純正マフラーの写真をご覧いただければ一目瞭然ですが、サイレンサーの内部が部屋のような構造になっている純正マフラーは、排気熱が壁に直接当たる影響で部屋の外壁=サイレンサーの表面が焼けてしまい、変色してしまいます。そこで、TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PSは、サイレンサーの中にストレートパイプを内蔵し、サイレンサー部がいつまでも美しい状態を保つようにしています。

また、排気効率がいいストレート構造を維持しつつ、消音性を高めるためにデュアルストレート構造を採用。特殊加工されたストレート管の中にさらにストレート管を通すことで、消音性を高めています。排気がまっすぐサイレンサーに入り、等長パイプで左右に均等に流れる構造になっているので、2本出しのマフラーエンドから50:50で効率よく排気されるようになっている点もポイントです。

20180114_86539d

大径2本出し仕様となっているマフラーエンドは、出口の二重管を溶接して隙間を埋め、磨いてツルツルになるように仕上げています。そのような手間がかかっているディテールにも注目していただきたいです。アバルト595用マフラーとしてはおそらく世界で一番マフラーエンドの径が大きいと思うので、見た目の迫力も楽しんでください。

なお、プレミアムであることにこだわって、マテリアルとしてSUS304を採用。熟練した職人によって、美しさを徹底追求しています。マフラーエンドのアウターパイプに関しては、通常、インナーパイプを筒で覆うようなディテールとなりますが、TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595 MT 180PSでは、段差がない2重管構造とすることでプレミアム感を追求。ハメ込んだような跡がない一体感を見ていただきたいです。

溶接部の美しさにもこだわっているので、大径2本出し仕様となっているマフラーエンドを見るのと同時に奥まで覗いて、美しいサイレンサーなども確認してください。

排気音は、見た目そのままのやんちゃな雰囲気にはしたくなかったので、新規制に対応した音量となっている。アイドリング時の排気音は控えめなので、マンションにお住いの方も気兼ねなく乗ることができるでしょう。もちろん、アクセルを踏むとスポーツカーらしい明快かつ心地よいサウンドでありながら、濁りのない澄んだサウンドを楽しんでいただけます。

詳しくはこちらを御覧ください。



Category