HOME > TEZZOブログ

TEZZOブログ

TEZZO新製品・開発情報をお届けします

アバルト500/595の人気カスタマイズ~吸排気編~

2019.03.28

こんにちは
TEZZO法人営業部です。

今回は、アバルト500/595シリーズの人気カスタマイズ
TEZZO カーボンエアインテークシステム
TEZZO lxy スポーツマフラー
の2点を紹介致します。

TEZZO カーボンエアインテークシステム

p1

アバルト500/595のボンネットを空けると見えてくる
赤いカーボンボックス。これがTEZZO カーボンエアインテークシステム for ABARTH500/595です。

特殊構造により、カーボンボックス内のエアクリーナーフィルターの表面積を増加させ、多くのフレッシュな空気をより早くエンジンルームに取込みます。

フィルターがオリジナルのカーボンボックスに覆われていることにより、
エンジンルーム内の熱の影響を受けにくいというメリットも生み出します。

_8059712

そのため、出力やエンジンレスポンスの向上、またアバルト500/595
における燃費の改善、さらには心地よい吸気音も楽しめます。

交換作業は、純正のエアクリーナーボックスをはずして、
その場所にカーボンエアインテークシステムを取り付けるだけなので特別な加工は必要ありません。

アバルト595DTTエアクリマフラー (3)

・手軽にパワーアップやカスタマイズを楽しみたい!
・エンジンルームをカッコよくにしたい!
というオーナー様にはとても人気の製品です。

<”TEZZO カーボンエアインテークシステム for ABARTH500/595”製品ページはコチラ>

====================

〇”TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595

DSCN9790

アバルト500/595用のTEZZO lxy スポーツマフラーは、
アイドリングや低速時のサウンドを、あえて純正・レコードモンツァ
マフラーに比べ落ち着いたサウンドに仕立てています。

_3176467ナンバーけし

なぜなら、アバルトの純正・レコードモンツァマフラーは、
その迫力あるサウンドが魅力の一つではありますが、中にはその大きさがゆえ、やんちゃに感じてしまう、街中や早朝走る時に気を遣ってしまうというオーナー様が多いからです。

アバルト595マフラー (8)

コチラのマフラーは、アイドリングは低音気味でアバルト本来のエンジン音を生かしたジェントルなサウンド、踏み込めば、車検対応範囲内での消音はさせつつも、スポーツマフラーらしい軽やかなサウンドが聞こえてきます。

アバルト595DTTエアクリマフラー (12)
アバルト595DTTエアクリマフラー (14)

ですので、単純にスポーツマフラーに交換をしたい!
というオーナー様以外にも、

・純正、レコードモンツァマフラーの音がやんちゃすぎる。
・街中での走行や、朝にエンジンをかける時に周囲に迷惑でないか心配といった方にもおすすめです。

<”TEZZO lxy スポーツマフラー for ABARTH500/595”製品ページはコチラ>

====================

〇エアクリーナー・マフラーの相乗効果

今回ご紹介した、lxy スポーツマフラーと、カーボンエアインテークシステム。この2点はセットで装着される方が非常に多いです。

もちろんどちらか1つだけでも効果を得ることはできます。
しかし、折角エアクリーナーをカスタマイズして吸気能力が増えても、それを排気するマフラーがノーマルですと、少々勿体無いです。また逆もしかりです。

空気を吸う側(エアクリーナー)をパワーアップしたら、
合わせて空気を排出する側(マフラー)もパワーアップさせてあげる。これにより、お互いの効果が重なりあって、より大きな相乗効果を生み出すことができます。

サブ02

====================

いかがでしたか?
アバルト500/595のオーナーになられた/なられる予定の皆さん、
カスタマイズの参考にしてみてくださいね。

今回ご紹介したパーツは、
TEZZO直営ファクトリー
”TEZZO BASE RACE&SERVICE”最寄りのアルファロメオディーラーなどでお問い合わせ/ご購入頂けますので、お気軽にお尋ねくださいませ。


<TEZZOパーツ取扱店一覧はこちら>

※こちらに記載されていない店舗でも、お気軽にお問い合わせくださいませ。