TEZZOブログ

TEZZO新製品・開発情報をお届けします

斎藤慎輔氏による『アルファロメオ ジュリア・スポーツ』インプレッション

2018.10.30

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん、こんにちは。TEZZO広報チームです。

モータージャーナリストとして多方面で活躍されている斎藤慎輔氏に、TEZZO CARSのデモカーである『アルファロメオ ジュリア・スポーツ』を評価(試乗)してもらいましたので、インプレッション記事を掲載したいと思います。

「アルファロメオ ジュリア・スポーツは、DTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO) for ジュリア ジュリア/スーパー/ヴェローチェ/クアドリフォリオを施工してあり、エンジンの最高出力が95psアップになっています。そのため、ノーマル車よりも明らかにパワーがありますね。シフトアップのポイントが4000rpmぐらいなので、エンジンのパワーがキレイにつながっています。クルマ好きが日常の足として乗ることができるデイリースポーツを目指したということで、ブレーキパッドがダストの少ないTEZZOクリーンスポーツで、TEZZOオリジナルステンメッシュブレーキホースビニール被覆 for アルファロメオジュリア ベース/ヴェローチェ/クアドリフォリオを装着している程度ですが、ブレーキペダルをガツンと踏んだときにちゃんと剛性感が出るので好印象です。ブレーキペダルを普通に踏んでいるときはコントロール感やストローク感があって、やさしいブレーキなのかと思いましたが、クルマが停止する直前のところで剛性感がしっかり出ます。ノーマル車よりも車高が30mmぐらい下がっていますが、乗り心地は悪くなく、TEZZO全長調整式車高調キット for ジュリア ジュリア/スーパー/ヴェローチェ/クアドリフォリオが装着されている足まわりのフィーリングも好印象です。ジュリアはアルファロメオが久しぶりに出したFR車で、他ブランドのクルマとは異なるシャープなハンドリングを特徴としており、ノーマル車でも走りの質が凄く高いといえます。ハンドリングが驚くほどシャープなんだけど、不安定にならず、神経質ではないという点がポイントです。ステアリングホイールをスパッと切った際などによく分かりますが、フロントはシャープに入るものの、リアはまったくブレないので、ただ単にステアリングギアボックスのレシオを速くしただけのクルマとは違って車体の一体感を感じることができます。全体の剛性感が高いので、スパッと切っても乱れないわけです。エンジンやブレーキと同じように足まわりのフィーリングもいいアルファロメオ ジュリア・スポーツは、乗り心地が締まっているものの、尖った入力感がないので、足が硬いとは思いません。この味つけであれば、日常の足として乗ることができるでしょうね」