HOME > TEZZOブログ

TEZZOブログ

TEZZO新製品・開発情報をお届けします

新製品の『TEZZOプレミアムマフラー for ルノー トゥインゴ』を発売!

2017.10.19Category

メインカット

皆さま、こんにちは。
TEZZO広報チームです。

要望にお応えして、TEZZOよりルノー トゥインゴ専用 車検対応マフラーをリリースしました!

トゥインゴはリアにエンジンを搭載しており、排気量が小さいわりに消音が難しく、車内に入ってくる音量も大きいため、これを改善する必要がありました。簡易的な方法としてタイコの内部に部屋を設けて消音することも可能ですが、その方法だとタイコの外側にスポット溶接の痕が残ってしまい、排気効率も悪くなるため、TEZZOプレミアムマフラーのディテールとしては相応しくありませんでした。

CIMG0361-1024x768

そこでストレート構造のロングパイプ仕様とし、排気効率のよさはそのままに、排気音を抑えることにしました。写真からもパイプがUターンしていることをご確認いただけますが、触媒につながっているパイプは一度タイコの中に入り、反対側まで行ってUターンしています。そして、再び触媒側から外に出て、タイコの真上を通過して反対側にあるアウターパイプにつながっています。管楽器を彷彿させる、このようなパイプの取り回しを採用したのは今回が初めてで、ウェーブ効果による排気効率のアップも期待できます。また、トゥインゴのリアバンパーはマフラー用の切り欠きがなく、タイコからの距離も近いため、アウターパイプのエンド部を斜め方向に出す方式は(検討したものの)採用せず、まっすぐ後方へ出すことにしました。

製品特徴03TEZZO

外向きカールの1本出しアウターパイプは、TEZZO プレミアムスパイラルマフラー for MiToで採用したものと同タイプで、品質の高さをアピールしています。圧倒的な美しさと耐久性を追求するためにステンレスSUS304を採用。TEZZOの伝統で、美しくラウンドしたタイコもピカピカに磨き上げられています。後続車からTEZZOプレミアムマフラーを見たときに、スポーティなアウターパイプのエンド部と共に光輝くタイコが個性を演出します。手作り式のため、サイレンサー内部に効率的に消音材を充填し、消音効率がよく、また耐久性も高く、音量の経年変化が少ない点も特徴です。

愛車に取り付けるパーツに対してこだわりのあるトゥインゴ・オーナーは、TEZZOプレミアムマフラーを装着する前に手に取り、フィニッシュの素晴らしさをご確認ください。各溶接部やその他部分の仕上げのよさに注目していただき、性能だけでなく、美しさも追求するTEZZOのこだわりを存分に味わっていただければと思います。

製品ページはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 TEZZO
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5538 Fax:045-948-5536
メーカーHP:http://www.tezzo.jp/
開発ブログ:http://tezzo.jp/blog/
Facebook:https://www.facebook.com/pages/TEZZO/261663247210876?ref=hl
E-Mail:info@tezzo.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 


TEZZOスポーツマフラー for アバルト124スパイダー(AT用)が発売開始

2017.10.16Category

皆様、こんにちは。
TEZZO開発部です。

このたびTEZZOにてかねてより開発が進んでいた、TEZZOスポーツマフラー for アバルト124スパイダー(AT用)が発売されました。

TEZZOスポーツマフラー for ABARTH124Spider (2) TEZZOスポーツマフラー for ABARTH124Spider (3)

純正では左右2本出しであるものの、パイプ径が細くディフューザーとの隙間が気になってしまいます。  TEZZOではその解決のため視覚的に大きく見える、純正よりも太い口径のアウターパイプを使用しました。 さらに外向きアウターカールを採用したことで、バンパーにぎっしりと収まった印象になりました。

また、サウンドは車検対応を考えながらも、吹かした時の気持ちよさを重視しました。 スポーツカーとしての明快なサウンドでありながら濁りのない澄んだサウンドを出す工夫を凝らしました。
ぜひ下記の動画からサウンドを体感してみて下さい。
※動画はMT用のものです。

製品ページはこちら
お買い求めはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 TEZZO
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5538 Fax:045-948-5536
メーカーHP:http://www.tezzo.jp/
開発ブログ:http://tezzo.jp/blog/
Facebook:https://www.facebook.com/pages/TEZZO/261663247210876?ref=hl
E-Mail:info@tezzo.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


アバルト 124スパイダー用のDTT ECUチューンのメリット

2017.09.17Category

皆さん、こんにちは。TEZZO広報です。

DTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO)for アバルト 124スパイダー

20160529_bafb95
について、アバルト124スパイダーのオーナー様より多くお問合せを頂いておりますので、DTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO)for アバルト 124スパイダーの特徴を分かりやすく説明させて頂きます。

こちらのDTT ECUチューン(Digi-Tec by TEZZO)for アバルト 124スパイダーですが、
ブーストがかかってからの強力な加速力はもちろん、回転数が低い領域でもトルクを出すようなセッティングにしており、燃調と点火タイミングを最適化した結果、MT車ではノーマルだとエンストしやすいのが改善されます。

皆様、いかがでしょうか?
http://tezzo-style.ocnk.net/product/1917

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 TEZZO
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5538 Fax:045-948-5536
メーカーHP:http://www.tezzo.jp/
開発ブログ:http://tezzo.jp/blog/
Facebook:https://www.facebook.com/pages/TEZZO/261663247210876?ref=hl
E-Mail:info@tezzo.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


【動画】『TEZZO カーボンエアインテークシステム for アバルト124スパイダー』を公開

2017.08.31Category

皆さま、こんにちは。

TEZZO広報です。

 

本日は新商品である、

『TEZZO カーボンエアインテークシステム Ver.2 for アバルト124スパイダー』の

動画のお知らせです。

 

気になるエアクリーナーの吸気音などを聞いていただけます。

是非ご覧ください!

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
株式会社 TEZZO
〒224-0006 神奈川県横浜市都筑区荏田東 2-9-1
Tel:045-948-5538 Fax:045-948-5536
メーカーHP:http://www.tezzo.jp/
開発ブログ:http://tezzo.jp/blog/
Facebook:https://www.facebook.com/pages/TEZZO/261663247210876?ref=hl
E-Mail:info@tezzo.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


4C軽量バッテリーキット T.BASE軽量バッテリーキットforアルファロメオ4Cを発売

2017.08.31Category

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さま、こんにちは。
TEZZO広報チームです。

ダイナミックな走りを楽しめるミッドシップ・プレミアムスポーツカーとして数多くのファンを魅了しているアルファロメオ 4Cですが、FFのジュリエッタ用エンジンをミッドに横置きで積んでいることもあり、パワーユニットの搭載位置が高く、バッテリーも高い位置に置かれています。

そのため、ミッドシップ・プレミアムスポーツカーでありながら重心が高いといえ、そのことがターンイン時に大きなヨー慣性モーメントを発生し、強いロールによって車体がグラッとする挙動として表れ、限界付近での操縦安定性の悪化につながっています。

そこでT.BASEでは、重い純正バッテリーから換装することでヨー慣性モーメントが軽減し、ターンイン時のフィーリングおよび運動性能が格段に向上する『T.BASE軽量バッテリーキットforアルファロメオ4C』(11万3000円)を開発しました。

トータルで約14kgもの軽量化(純正:16kg/T.BASE軽量バッテリーキットforアルファロメオ4C:2.3kg)を図ることができるため、サーキット走行時のみならず、一般道においてもターンイン時のネガな動きが消えたことを体感できるはずです。

51

4Cはレースカーではないので、T.BASE軽量バッテリーキットforアルファロメオ4Cは極限まで軽くしつつも、平素の使用時やサーキット等の過酷な条件下で走行した際にも不安を感じないスペックを追求しました。

具体例を挙げると、バッテリーがすぐに上がってしまったり、サーキット走行時に電圧が下がってしまったりしたらダメなわけです。

そのような事態に陥らないように、T.BASEでは雨が降る夜間に走行したり、サーキットを連続走行(70周ぐらい)して、テストで検証した上で、製品として結実させました。

万が一のアクシデントに備え、専用ケースも開発。固定ボルト数も多めにして、事故の衝撃でも軽量バッテリーが動かないようにしています。また、4Cのエンジンフードには放熱用の網があり、その真下にバッテリーが積まれているため、雨が直接かかるのですが、端子が濡れないように専用カバー(雨除けの蓋)もご用意し、それもキットに含んでいます。

フェラーリと同じように、長距離を走る機会が少なかったり、長期間乗らなかったりするオーナーが少なくないことを踏まえ、キルスイッチも付けました。

T.BASE軽量バッテリーキットforアルファロメオ4Cに換装し、ミッドシップ・プレミアムスポーツカーならではの走りを堪能してみてはいかがでしょうか。