HOME > TEZZOブログ

TEZZOブログ

TEZZO新製品・開発情報をお届けします

アルファロメオチャレンジ関東ラウンド第5戦 冨士スピードウェイ 参戦準備中

2019.10.17

皆様こんにちは、TEZZO広報チームです。

10/22に冨士スピードウェイで開催される「アルファロメオチャレンジ関東ラウンド第5戦 冨士スピードウェイ」に向けて、ファクトリーでは「アバルト TEZZO 124 RT1」の準備が進められています。

DSCN9912

前回の筑波サーキットでは、吸気温度の上昇によりすぐパワーダウンしてしまったため、今回はその対策のテストも兼ねています。

当日はアバルト TEZZO 124 RT1の他に、TEZZO RACERS CLUB からアルファロメオミト、アルファロメオジュリエッタ、アルファロメオ4Cが、ETCCにはゴルフRとマクラーレンが参戦予定です。


アバルト595の足をTEZZO車高調でマイルドに

2019.10.11

皆様こんにちは、TEZZO広報チームです。

TEZZOではデモカーの「アバルト TEZZO 595 LXY(シリーズ4)」を、“クルマと格闘する”のではなく“クルマと対話する”というコンセプトで開発しています。

00

そのアバルト TEZZO 595 LXY(シリーズ4)には、TEZZO全長調整式車高調forアバルト500/595/695 フルキットが装着されています。

00

TEZZO全長調整式車高調forアバルト500/595/695 フルキットは、フロントに全調式ダンパーを採用。リアには別タンク式ダンパーを採用しました。その結果、乗り心地と走行性能を両立させた車高調に仕上がっています。

アバルト500/595/695は車体の構造上、リアの足まわりにスペースの余裕がなく、サスペンションのストローク量が足らなくなっています。そのため、リアを全長調整式車高調にしてもストローク量が少なくなり、乗り心地と走行性能の面で不利になります。そこでTEZZOではリアにストローク量を確保できるTEZZOオリジナルのローダウンスプリングをセットし、ダンパーを別タンク式にしました。別タンク式を採用したことで、高性能リアダンパーの全長をすべて使ったストローク量を確保することが可能となり、乗り心地のよさと高い走行性能を両立させることができました。フロントのショックが全長調整式車高調なので、リアも姿勢のバランスをしっかりとれるセッティングとなっています。

サーキットを走るオーナーだけでなく、ノーマルの足を固く感じるオーナーにもおすすめの車高調です。
595

デモカー「アバルト TEZZO 595 LXY(シリーズ4)」は、横浜市のTEZZO BASE RACE&SERVICEに展示されています。ご試乗をご希望の場合は、お問い合わせ下さい。


アバルト595スポーツマフラー 年内お届け分がまもなく終了します

2019.10.11

こんにちは
TEZZO広報チームです。

アバルト595用のスポーツマフラー、
TEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595が、多数ご注文を頂いており、
まもなく2019年内にお届けできる分の注文が終了してしまいそうな勢いです。

_3176467ナンバーけし

もう少し後の注文ですと、お届けが2020年、来年明けになってしまう可能性が高いです。

180PS仕様のアバルト595はレコードモンツァ製マフラーを標準装備していますが、この『レコモン』の迫力ある排気音はたしかに魅力的であるものの、オーナーの中には朝晩の始動時や街中での走行時に近所迷惑ではないかと感じてしまっている方がいるようです。

また、音質も少々ガラガラして、それが良いという方もいらっしゃいますが、それが好みではないという方もいます。

そのように感じ、マフラー交換を考えているアバルト595ユーザーにオススメなのが、アイドリング時の排気音は控えめなTEZZO lxy スポーツマフラー for アバルト595です。

DSCN9808

テールパイプを大口径2本出し(φ120)にしたため、アバルト595のリアバンパーの大きな切り欠きにぴったりフィットします。

アバルト595用マフラーとしてはおそらく世界で一番マフラーエンドの径が大きいと思うので、見た目の迫力を楽しんでみて下さい。

適合グレードは順次、増やしています。
お問い合わせください。

アバルト595MTA(180PS) 

アバルト595MT(180PS) 

アバルト595MTA(165PS) 


<ご購入・お問い合わせページはコチラ>

ご希望の方は、TEZZOアンテナショップTEZZO BASEの他、
全国のアルファロメオ系ディーラー様などにお問い合わせくださいませ。

<TEZZOパーツ取扱店一覧はこちら>
※こちらに記載されていない店舗でも、お気軽にお問い合わせくださいませ。


アルファロメオ4C専用5点式シートベルト取付キットをアップデート

2019.10.10

皆様こんにちは、TEZZO広報チームです。

アルファロメオ4Cは、キャビンがカーボンバスタブ型モノコックであるため、4点以上のハーネスを取り付けるにしても、ハーネスを固定するアンカーを打つことができません。そこでTEZZOは、カーボンバスタブを加工することなく5点式ハーネスを取り付けることができるキットを開発、発売しました。

そしてこの度、その「アルファロメオ4C専用5点式シートベルト取付キット」をver.2にアップデートしました。

DSCN8661

今回のアップデートでは形状を見直し、ハーネス取り付けるという目的だけでなくボディ補強も兼ねた、ロールバーのような構造に再設計しました。バーが頭よりも高い位置に存在しているため、転倒した際にもドライバーの頭部を保護することができます。

DSCN8663

また、ver.1はTEZZOフルバケットシートの背面が、ハーネス取り付けバーと干渉してシートを最後位置まで下げられないという課題を抱えていました。そのため、ver.2はTEZZOフルバケットシートが最後位置まで下げられるように設計にしました。バーの高さを工夫することで、ノーマルシートを装着している場合でも干渉が最小限になるように設計しています。

さらに個体差に応じるため、横バーのセンター部をアジャストボルト連結式(ターンバックル)にすることで、対応性と剛性UPを図りました。

基本色はブラックとなりますが、オプションでボディカラーと合わせたカラー変更が可能となります。(オプション価格:15,000円)

DSCN8650

アルファロメオ4C専用5点式シートベルト取付キットver.2は近日中に発売致します。

 


動画公開 アルファロメオ ジュリエッタ QV MT lxy スポーツマフラー(車検対応)by TEZZO

2019.10.10

皆様こんにちは、TEZZO広報チームです。

 

先日、発売開始した アルファロメオジュリエッタQV MT lxy スポーツマフラー(車検対応)byTTEZZOの動画を公開しました。

 

アイドリングは落ち着いたサウンドです。

踏み込んでいくと、中低音の心地良いサウンドがします。

そして、強く踏み込むと音質が変化します。

ぜひ動画でご確認下さい。

 

 

【開発ストーリー】

lxyマフラーは、熟練した職人による手作り、中低音を強調した心地良いサウンド、新規制車検対応であることが特徴です。

アウターパイプには、アウターカールを採用。

美しさと耐久性のためにマテリアルとしてステンレスSUS304を採用しています。

また、溶接部の美しさにもこだわっているので、アウターカール/左右各1本出し仕様となっているマフラーエンドを見るのと同時に奥まで覗いて、美しいサイレンサーなどもあわせてご確認いただきたいポイントです。

 

販売価格:185,000円(税抜)

アルファロメオ ジュリエッタ QV MT lxy スポーツマフラー(車検対応)by TEZZO